デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

公式サイトはこちら

 

https://ibizabeauty.net/

 

 

デリケートゾーンの脱毛が一般的になってきたことから、デリケートゾーンの黒ずみが気になるという女性も多くなりました

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
デリケートゾーンの黒ずみは、普段の生活では気づきにくく、人と比べたり相談したりもなかなかできませんよね。
いったいどういった方法で改善したらいいのかわからないし、生まれつきかもしれないから諦めるしかないのかもと思っていませんか?

 

実は、デリケートゾーンの黒ずみきちんとケアをすれば、改善することができるんです。

 

今回はデリケートゾーンの黒ずみの原因や、キレイにするための方法、そして黒ずみに効果のあるとして美容雑誌や新聞などのメディアで話題のデリケートゾーン専用のケア商品「イビサクリーム」についても詳しくまとめてみました。
水着になる夏を前に、デリケートゾーンの黒ずみを解消してキレイな肌を手に入れましょう!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
デリケートゾーンの黒ずみはいったいなにが原因なんでしょうか。
デリケートゾーンの黒ずみには、メラニンが大きく関わっています
メラニンは、紫外線を浴びると過剰に生成され、色素沈着を起こしてシミの元となることで知られていますが、普段紫外線を浴びることがないデリケートゾーンでも生成されてしまうのは、肌への刺激が原因です。
メラニンは、肌の表面にバリアを作る働きがあるため、刺激から肌を守ろうと過剰に生成され色素沈着を引き起こしてしまうのです。
では、肌への刺激とはどういったものがあるのでしょうか。

 

ムダ毛処理による刺激

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
まずあげられるのが、ムダ毛処理による刺激です。
デリケートゾーンのムダ毛は多くの女性が気になっている部位ですので、自分でカミソリで剃ったり、毛抜きやワックスを使って抜いたり、脱毛サロンで光脱毛の施術をを受ける人が最近はとても増えています。
デリケートゾーンは皮膚が他の部位より薄く弱い部分です。
カミソリで剃ることを繰り返したり、光脱毛などで頻繁に刺激を与えると、メラニンを生成して肌を守ろうとするため、色素沈着を起こして黒ずみが出来てしまうのです。
特に自己流によるムダ毛処理は間違った方法を続けていると、肌が乾燥するだけではなく肌が傷ついたりダメージが蓄積されやすくなりますので、正しい方法で処理を行うことが大切です。
また、ムダ毛処理後は、肌が乾燥しやすくなるため保湿ケアをしっかり行うなど、黒ずみを作らないためのケアを必ず行いましょう

 

下着による摩擦や締め付け

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
化学繊維でできた下着やサイズの合わない小さい下着を長時間着用していると、下着と肌の間に摩擦が生じ、その摩擦が刺激となってメラニンが増えてしまいます。
サイズの合った下着や化学繊維ではない肌に優しい素材の下着を付けるゴムがきつくないゆったりとしたデザインのものを身に付けるなどの工夫をしてみましょう。

 

 

洗いすぎによる刺激

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
デリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、ナイロンのタオルやスポンジ、ボディブラシなどでゴシゴシこすって洗ってしまうと、摩擦が起きて肌に刺激を与えてしまいます。また洗いすぎることによって必要な皮脂までも奪われてしまい、肌の乾燥を招いてしまいます
デリケートゾーンを洗うときには、肌の刺激となる成分を含まない低刺激の石鹸などをよく泡立てて、優しく包み込むように洗いましょう
また使用するタオルも、化学繊維のものではない肌に優しい素材のものを使用するようにしましょう

 

ナプキンの刺激

生理ナプキンやおりものシートなどを長時間つけたままにしていると、かぶれや炎症を起こしやすくなります。特に紙ナプキンは肌への刺激が大きく、敏感になりやすい生理中の肌に負担を与え、黒ずみの原因となってしまうのです。ナプキンはできるだけこまめに交換し、常に清潔な状態を保つようにしましょう

 

ホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
刺激によるメラニンの生成以外にも、黒ずみの原因となるのがホルモンバランスの乱れです。
加齢や、ストレス、不規則な生活習慣、妊娠や出産などによってホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。
刺激を受けると肌を守るためにメラニンが生成されますが、正しくターンオーバーが行われていれば、黒ずんでしまった肌の古い角質は自然と剥がれ落ちていきます。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと肌が再生されずにそのまま黒ずみが蓄積されてしまうのです。
ホルモンバランスを整えるためには、ストレスをためない、睡眠をしっかりとるなど規則正しい生活を送ることが大切です。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみに有効な成分って?

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー
デリケートゾーンの黒ずみに効く化粧品を選びは、厚生労働省に認定されている美白有効成分がきちんと配合されているか一番重要と言えます。
代表的なものには、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸などがあります
これらの有効成分は、メラニンの生成を抑制する効果があるもの、できてしまったメラニン色素を除去・排出する効果があるもの、メラニンを還元する効果があるものがあります
そのような美白作用がある成分をご紹介します。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定化させ、皮膚に浸透しやすくした成分で、メラニンを還元する、活性酸素を抑えるなどの働きがあります

 

アルブチン

コケモモや西洋ナシから抽出される星雲です。メラニンができる際に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害する効果があります。アルブチンはビタミンCとあわせて使うことで効果が高まります。

 

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分で、メラニンをつくる酵素チロシナーゼを抑制する働きが強く美白効果が期待されます。アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富含まれており、肌の乾燥やしわにも効果を発揮します

 

コウジ酸

メラニンをつくる酵素チロシナーゼの働きを抑えるだけでなく、メラニン生成を促す情報伝達物質の産生や活性酸素の発生も抑える効果があり、メラニン生成を未然に防ぐ効果があります

 

ルシノール

メラニンを生成するチロシンと酵素チロシナーゼの結合を防ぐ効果があります。肌への浸透力と安全性が高く、効果を実感しやすい成分です。一般表示名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」といいます。できてしまったシミを除去することはできませんが、シミがそれ以上濃くなることを防ぐ効果があります

 

エラグ酸

イチゴ、ラズベリー、ザクロなどに含まれているポリフェノールの一種で、酵素チロシナーゼの働きを抑制する効果が期待できます。抗酸化作用も高いので、肌の老化防止にも効果を発揮します

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する働きがあり、肝斑の薬として使用されています。肌への刺激が少なく優しく作用するので、デリケートゾーンにも安心して使用することができます。できてしまった黒ずみを薄くする力はありません。肌のターンオーバーを活発にする成分と一緒に合わせることで、黒ずみに高い効果を発揮します。

 

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

サリチル酸の誘導体で、メラニンを抑制し、ターンオーバーの乱れを改善する働きがあり、溜まったメラニンを排出するサポートも行います

 

また、多くの黒ずみ用の化粧品には、美白有効成分以外にも肌の状態を正常に保つ成分も一緒に配合されています
肌が炎症を起こしていたり状態が悪いと効果が半減してしまいますが、肌が正常に整うことによって美白成分が浸透しやすい肌になり、美白効果が高まります。

グリチルリチン酸2K

薬用植物カンゾウの根に含まれるグリチルリチン酸の誘導体です。優れた抗炎症作用があり、肌荒れを防止、沈静化して肌を整える効果があります。直接的に美白作用があるわけではありませんが、黒ずみの原因となる乾燥の予防や、肌のターンオーバーを正常に戻すサポートもしてくれます

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビサクリームって?

デリケートゾーンの黒ずみって一体何がおすすめか?
イビサクリームは、脱毛サロンが開発した大人気のデリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリームです。
イビサクリームが効果が高いと言われる特徴や、効果的に使い方について詳しくご紹介したいと思います。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

イビサクリームが効果が高いと評判の特徴とは?

美白有効成分が黒ずみをブロック!

イビサクリームは医薬部外品の黒ずみ対策クリームです。
医薬部外品とは厚生労働省からの認定を受けている有効成分を配合している製品で、作用が穏やかに効き、効能や効果が期待できるというものです。イビサクリームは美白有効成分であるトラネキサム酸が配合されており、メラニンの生成を抑制して、黒ずみをブロックする効果があります。
さらに、肌荒れや炎症を予防し、肌を良い状態に整えてくれる成分のグリチルリチン酸2Kも配合しているので、肌の再生を促して黒ずみができにくいキレイな肌へと導きます

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

4つの植物成分でメラニンを抑制・分解

イビサクリームは、さらに黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える4種類の天然由来の植物成分を配合しています。この4種類の植物成分、サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキスがが、黒ずみの原因に直接アプローチするのでデリケートゾーンを理想的な状態に整え健康な肌サイクルを導きます

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

8種の潤い成分でターンオーバーを活発化

美白成分を肌に浸透させる為にも、肌の状態を整える必要があります。
保湿が不十分だと、乾燥が進んで肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
イビサクリームには、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、ローズ水、乳酸ナトリウム液、ペンタンジオール、グリセリン、ヘキサンジオール、BGといった8種類の保湿成分が配合されており、デリケートゾーンをしっかり保湿し、潤いを保つことで、デリケートゾーンを理想的な状態に保ちます

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

5つの無添加で安心安全!

イビサクリームは合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンといった肌に刺激を与える成分をすべてカットしています肌が敏感な方やデリケートゾーンの脱毛後などでも安心して使うことができます

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

さらにイビサクリームは、国内工場で生産・製造し、品質管理と検査をしっかり行って日本人の肌に合うように作られた純日本製クリームです。海外製品は肌に合うか心配、安心安全なものを使いたいという方にもおすすめです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

イビサクリームの効果的な使い方

イビサクリームの使い方はとても簡単です!
まず、手とデリケートゾーンを清潔にしてから使用しましょう。?
朝晩の1日2回、1円玉程度の大きさを目安に手にとり、気になる部分に優しく塗って下さい。

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

黒ずみよりも少し大きめに塗ると効果的です。特に気になる部分には2度塗りするのも良いですが、肌の状態によって塗る量を調節しながら使用してください。チューブタイプなので量の調節も簡単にすることができます。
デリケートゾーン以外の、乳首、ワキ、二の腕、ひじ、太もも、ひざ、背中、デコルテ、お尻などの黒ずみにも使用することができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

春夏秋冬オールシーズン対応なので1年間これ1本で黒ずみケアができます。
使用上の注意としては、イビサクリームは刺激となるものや不要なもの使用せず、敏感肌の方でも使用できるように作られていますが、生理中や生理前後は、肌が乾燥したり敏感になっているので、肌の調子が悪い時は一時的に使用を中止し、様子を見るようにしましょう
万が一、かぶれやかゆみ、赤みなど肌のトラブルが現れた場合はすぐに使用を中止しましょう。敏感肌の方は、まずパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。
もし肌に合うか心配な方は、専門医に相談の上、使用することをおすすめします。

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

デリケートゾーンの黒ずみQ&A

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいても、誰にも相談できないし、こんなことに悩んでいるのは私だけ?と、不安になりますよね。
今回は、デリケートゾーンの黒ずみにおける様々な悩みに対して回答をしていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにならないようにする対策とは?
デリケートゾーンの黒ずみが生じてしまう原因は、メラニンの蓄積です。これ以上メラニンが生成されるないように予防を徹底する必要があります。具体的には、サイズの合った下着を身に付ける洗う際にゴシゴシとこすらないムダ毛の自己処理は正しい方法で行う脱毛後は保湿ケアをするストレスをため込まない規則正しい生活をするといったことがあげられます。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策として普段スキンケアで使っている化粧品で黒ずみ周りに使ってもいい?
デリケートゾーンは肌が敏感な部位なので、美白成分が入っているものならなんでも良いというわけではありません。肌に刺激を与える成分が含まれている化粧品は使用しない方が良いでしょう。無添加や低刺激なもの、そして保湿効果があるものが望ましく、やはりデリケートゾーンに特化した製品を選ぶようにすると安心して使用でき、さらに高い効果も期待できます

 

デリケートゾーンの黒ずみってどのくらいで薄くなったり、消えたりするの?
黒ずみの解消には肌のターンオーバーが不可欠です。肌質や、黒ずみの症状の度合いなどによって個人差はありますが、一般的には肌のターンオーバーは約28日周期と言われています

しかし、全ての人が一回のターンオーバーですぐ黒ずみが消えたり薄くなるわけではなく、人によっては数回繰り返す必要があります
黒ずみを解消するケアを行っている場合でも、効果が得られるまで最低でも3ヶ月〜半年程度はかかると思っていた方が良いでしょう。

 

デリケートゾーンのムダ毛の処理でも黒ずみになるの?
脱毛方法にもよりますが、肌への負担が大きいのはカミソリで剃ったり毛抜きやワックスで抜くと言った自己流のムダ毛処理を繰り返すことは、黒ずみの原因となります。また、脱毛サロンやクリニックでの光脱毛、レーザー脱毛は火傷を引き起こし、黒ずみの大きな原因となることもあります。脱毛後の肌は乾燥しやすく、刺激にも敏感なため、アフターケアをしっかりしないとさらに黒ずみが進行することになりますので、脱毛後はしっかりと保湿ケアをし、乾燥を予防しましょう。

 

下着にも気を使うべき?
下着のサイズや形、素材を見直すことも大切になります。素材は、肌に優しく通気性も良いコットンやシルクがおすすめです。また、いくらデザインが可愛くてもサイズが小さいものは締めつけがきつくなりますし、ゴムがきついものも肌を圧迫するのでよくありません。サイズがあっている下着を身につけるようにし、締め付けや擦れにくいボクサータイプのショーツもおすすめです

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

 

商品名 イビサクリーム
名称 デリケートゾーン黒ずみ対策クリーム
内容量 35g
成分 【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム

【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

販売価格(税別) 7,000円(税別)+送料360円・手数料150円→

定期コース・コンビニ 4,970円(送料無料)
定期コース・クレジット 4,470円(送料無料)

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのイビザクリーム体験レビュー

公式サイトはこちら

 

https://ibizabeauty.net/